ふるさとの歴史

 わたしたちのふるさと大沼は,今からおよそ300年ほど前(江戸時代申ごろ)に大沼新田として開かれました。
 それまでは,あたり一面萱の原で,オオカミもすんでいました。
 また,この地には「宙水」といって降った雨が地中にしみこみにくい場所があり,低いところは水がたまって沼のようになっていました。
 大沼神社の南側にも沼(大きな池)があり,大沼とよばれていました。

 そのころの大沼地区は淵野辺村の一部でしたが,萱の原を切り開いて畑を作るために,近くの村々(武蔵国の木曾村や根岸村,相模国の鵜野森村や谷口村)から人が集まりました。
 はじめは,たったの9件しか家がありませんでしたが,少しずつ人も家も増えていきました。
 大沼神社(当時は大沼弁財天〈弁財天は女の神様〉)は,村の鎮守さま(その土地をしずめ守る神様)として,そのころつくられました。
 道は,新田通り(大沼通り)と道者みち(大野台小前の道路)があり,武州(今の東京都)方面から大山詣でに行く人たちは,おもに道者みちを使っていました。
 村で作られていた主な作物は,麦,アワ,ヒエです。
 人々は,朝から晩まで作物作りにはげみましたが,土地がやせていたために収穫量は少なく,生活はあまり楽ではありませんでした。
 そこで、クヌギやナラの苗木を植えて雑木林を作り、その木を使って炭焼きを始めました。
埋め立てられる前の大沼(昭和38年)

 その炭はなかなか評判がよく、現在の町田市や川崎市あたりまで,荷車にのせて運んでいきました。
 また,畑のまわりに桑の木を植えて,養蚕(カイコの飼育)も行われるようになりました。
 
 明治22年(1889年),淵野辺村はまわりの村(上矢部村,鵜野森村,谷口村,上鶴間村など)と合併して大野村になりました。
 大正2年(1913年)には,村ではじめての大野小学校が開校しました。
 そして,昭和16年(1941年)には,6つの村と2つの町(大沢村,相原村,田名村,上溝町,麻溝村,新磯村,大野村,座間町〈昭和23年に分離〉)が合併して,日本一大きな「相模原町」になりました。
 
 昭和16年12月に始まった太平洋戦争では,この大沼地区からも多くの若者が出兵し,とうとい命が奪われました。
 昭和18年(1943年),戦争で亡くなった人たちの霊を慰めるために,陸軍の手によって忠霊塔が建てられました。
 (昭和27年 〈1952年〉 からは,慰霊塔として相模原町が管理)塔の中には,戦争で亡くなった人々の遺品や名簿が収められ,慰霊と世界の平和を願って毎年慰霊祭が行われています。
 
 戦後は,日本全体が食糧難になりました。ここ大沼でも食料の増産のために,大沼神社南側に広がっていた沼を水田に作り変えました。「白鷺が舞い降り,稲穂が黄金色に輝く田園の風景がとてもきれいだった」と,神社わきに建てられた石碑に刻まれています。
 また,畑の作物の収穫量を増やすために,昭和23年(1948年)から灌漑用水路(畑を潤すための水路)の建設が始まりました。
 大沼地区には,木もれびの森から大野台小の裏を通って鵜野森方面へ流れるルートと,緑道途中にあった通称キノコ小屋あたりで分かれ,3丁目公園方向へ流れるルートがありました。
緑道は,使われなくなった潅漑用水路を埋め立ててつくられたものです。

今も残る灌漑用水の面影
 
 昭和29年(1954年)には相模原市となり,昭和40年代に入ると人口が急増してきました。
 その結果,畑や水田は宅地に生まれ変わりました。子どもの数も年々増え,昭和44年には大沼小学校,昭和49年には大野台小学校,昭和53年には大野台中央小学校が次々と開校しました。
 これまで大沼番地であったこの地域も,人口増にともない,昭和47年に西大沼東大沼,若松と住居表示されるようになりました。
 バス路線は,長い間国道16号線(相模原駅〜相模大野駅)と北里前通り(相模原駅〜上溝〜昭和橋〜相模大野駅)の2路線しかありませんでした。
 特に,大沼通りと北里前通りは砂利道で,雨が降るとぬかるんでたいへんだったようです。
 
 今では,ほとんどの道路が舗装され,昭和58年からは大沼通りにもバス(町田〜小田急相模原)が走るようになりました。
 また,地域住民の願いであった古淵駅が,昭和63年に開業しました。
 完成当時の駅のまわりには,桑畑と昭和石油のグランドくらいしかありませんでしたが,次々と開発が進められ,にぎやかな街並みが誕生しました。

完成直後の古淵駅(裏側から 昭